PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COMSAに動き。海外案件を中心に展開か

ビットコインラボ

2018年03月28日

テックビューログループが展開するICOプラットフォームのCOMSAに動きがありました。スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパとChronoswiss社が、スイスを開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めたというニュースです。

目次

 Chronoswiss社、COMSAにおけるICO実施の検討
 規制動向が影響か
 海外案件を中心に展開か

Chronoswiss社、COMSAにおけるICO実施の検討

テックビューロは、スイスを拠点とするテックビューロ・ヨーロッパとChronoswiss社が、スイスを開催地としてCOMSAプラットフォームにおけるICOの実施について検討を始めたと発表しました。検討開始なので、実施するかは確定ではありませんが、新規案件の発表がしばらくなかったため、明るい話題となりました。

国内のICO案件状況

COMSAは当初、キャンプファイヤーとプレミアムウォーターがICO実施を検討していました。しかし、キャンプファイヤーが中止を決定し、プレミアムウォーターは2017年12月の発表によると検討中となっています。その後、2017年12月から2018年2月までに自然エネルギーのLooop、2017年12月もしくは2018年1月にクリプトマイニングジャパンがICO計画および実施という予定でしたが、3社間の協議により、この実施時期を再検討するという方針に変更されました。

規制動向が影響か

COMSA上でのICOは複数案件検討されている状況ですが、延期になっている背景として規制動向が挙げられそうです。ICOで発行されるトークンは、日本においては資金決済法上の仮想通貨に該当するものとして取り扱われ、これを不特定の者に販売する行為は地方財務局への登録が必要になります。COMSAを運営するテックビューロは財務局に登録された仮想通貨交換事業者ですが、2018年2月に、「COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化について」というリリースを出しており、ICOプラットフォームビジネスを資金決済法に定めるルールの下で運用するために態勢を整える必要があると発表しています。

海外案件を中心に展開か

日本企業のICOは規制動向により実施しづらい状況になっているため、海外案件を中心に展開する可能性もありそうです。今回実施検討が発表されたのはスイスの企業であり、具体的な進展に注目が集まります。

ソース元:ビットコインラボ

タグから関連記事を探す

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう