PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

TOP NEWS
MENU

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう

ビットコインの仕組み

ビットコインは、銀行のような中央集権ではなく、直接、1対1で通貨のようなものを取引できる仕組みになっています。サーバー・クライアントモデルに基づいた信用によらず、取引ができるということとなります。この仕組みは、P2P(Peer-to-peer)技術と、公開鍵暗号などの暗号技術を用いて実現されていてこのモデルは、ビットコインによってはじめて実現されました。

しかし、この仕組みだけでは、これを通貨として用いることはできません。なぜならば、二重譲渡を防ぐ仕組みがないからである。※二重譲渡とは、元のコインの持ち主が複数の相手に対して、全く同じコインを譲渡することである。
通貨として用いるためには、どちらが正しい取引かを、ネットワーク全体で、正しい取引として決定する必要があるからです。普通は、時系列的に後のトランザクションを無効とみなすのが自然です。しかし、これらの取引はP2Pネットワーク上でなされるので、ネットワーク全体として見たとき、どちらが先に行われた取引かということを、確実には決定できません。

そこで、ビットコインに用いられたのがブロックチェーン技術です。
ブロックチェーンにトランザクションの整合性を正確に行いながら改ざんできなくしたうえで記録するということが可能となり安全なものになりました。

 

ブロックチェーンについて

ブロックチェーンを一言で表すと様々な取引の情報を記録する「台帳」です。
もちろん台帳といってもただの台帳ではなく、そこに記録される取引に対して不正行為(情報の改ざん等)を行う事はほぼ不可能です。記録の革新ともいえるブロックチェーンのシステムで動いている代表的なものがBitcoinです。
ビットコインは2009年に誕生して以来、すべての取引が記録されていて世界中のだれもが取引内容を見ることができます。さらに、誕生して以来システムダウンなどの障害が一度も起きていないという、ものすごく安全なものです。

 

ブロックとチェーンの役割

ブロックとは一定期間の取引(トランザクション)を保管しているもので、チェーンはそれを一つ一つつなげていることを表しています。

ブロックとチェーンの仕組み

ブロックチェーンは、ネットワークの参加者によって支えられていて、対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。
その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。
その確認作業を世界中のPCで行う事で、ブロックチェーンは作られています。

 

ブロックチェーンの安全性

ブロックチェーンの台帳は、常に世界中の人にみはられています。まず、台帳へ書き込む前に、みんなで取引が正規のものか確認します。確認作業を行って、結果的に正規のものだけが台帳に書き込まれます。
台帳は世界中の台帳に刻まれるので、一つのPCサーバーが壊れたとしても世界のインターネット上に無数の台帳が存在するためブロックチェーンが壊れることはありませんし、データの改ざんを行う事もできません。

 

Line@ロゴ
Line@ロゴ

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう