PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

TOP NEWS
MENU

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう

ビットコインについて

ビットコインの歴史

2008年10月にSatoshi Nakamotoと名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって提唱され、それをみた世界中のエンジニアが開発をすることとなりました。
それからわずか3カ月後の2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、同時に公開されました。それから間もなくビットコインの最初の取引が行われました。2010年2月にはビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。

現実世界でビットコインが初めて使われたのは、2010年5月のピザ注文です。
当時1ビットコインが1セント以下のレートだった時、Laszlo Hanyeczという名前のプログラマーが2枚のピザを1万ビットコインで取引成立させたのが最初になります。
現在のレートでいうと1BTC=約5600$(60万円)ということは、約60億円相当になります。

ビットコイン価格推移年表

ビットコインが生まれた2009年からの価格推移や出来事が詳しく掲載されています。
参照サイト  https://jpbitcoin.com/about/history_price

ビットコインの特徴

枚数上限

ビットコインには枚数上限があります具体的には2100万枚です。円やドル、ユーロといった中央銀行発行する通貨は、発行量に制限がありません。一方ビットコインは、2100万枚以上発行されることは絶対にありません。ビットコインが誰かの管理下にあって、誰かが発行量を決める従来の仕組みとは違うからです。

ビットコインの発行量の上限は、予め決められていて、プロトコルとして実装されているため、ビットコインは、原理上インフレしないということになっています。誰かが任意に、好きなときに、通貨の供給量をコントロールすることが出来ないからです。

ビットコインは採掘(マイニング)を通して供給され、現在約1300万枚が供給済みです。そして4年毎に供給量が半減します。2140年頃、2100万枚の上限に達することになります。この供給量の制限が、ビットコインの価格上昇を予想する人にとって、一つの根拠にもなっています。

送金メリット

世界中の誰から誰にでも、即時に、基本的に低料金で送金できる
ビットコインはアドレスをさえ指定すれば、世界中の誰から誰にでも、即時に、低い手数料で送金できます。そこが大きな魅力です。
2015年まではほぼ無料で送金できていましたが、ビットコインの認知度が上がり多くの人が使うようになったので少しずつ手数料は高くなっています。しかし、銀行などの比ではありません。銀行の場合、国内で数百円、海外で数千円の手数料がかかりますが、ビットコインの場合は数十円です。取引所によって若干の違いはありますが、0.0005BTC前後に設定している取引所が多いです。0.0005BTCは1BTC10万円の場合50円ということになります。銀行と比べて優位性があるのは明らかです。ビットコインは特に海外へ送金する際に多く使われています。最短10分で送金完了になるスピードも魅力です。

管理はみんなで

ビットコインはP2Pネットワークで維持されています。
わかりやすくいうとビットコインのプログラムをダウンロードしている世界中の人々によって、管理されているのです。データベースはすべて公開され、P2Pネットワーク上に分散的に保持されます。そして、それのデータの整合性や、セキュリティもP2Pネットワーク参加者により守られています。
元締めがいて、システムやお金の価値を保証しているわけではありません。予めきめられたプロトコルにそって、このビットコインをやりとりするP2Pネットワークの参加者がそれを維持して、守っているのです。

 

Line@ロゴ
Line@ロゴ

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう