PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

TOP NEWS
MENU

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう

ICOとは

 

ICO(クラウドセール)とは?

ICOとは暗号通貨経済におけるIPO(新規公開株)のようなものです。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開のことですが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスのことを言います。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることでもあります。

ICOは、「クラウドセール」や「プレセール」、「トークンセール」と呼ばれることが一般的で、コインやトークンの発行自体は、企業から個人まで誰でもブロックチェーン上で行うことが可能です。ICOでは、特にイーサリアムと呼ばれるブロックチェーンが選ばれることが多いのも特徴の一つですね。

 

一般的な資金調達との違い

そして何と言っても凄いのは資金を調達する側からすると、本来はプロジェクトを進めていく上での製品開発費などはVC(ベンチャーキャピタル)や、調達したい額によっては銀行などを利用するのが一般的でしたが、ICOはVCに貴重な自社株を渡すことも無ければ、リスクを背負って銀行に借金をすることもなく事業資金を世界中のたくさんの人たちから調達することが出来るのです。

今までは、ごく一部の株などをやっている人や、VC、エンジェル投資家などしか有望なベンチャーなどに投資することは出来ませんでした。しかし、ICOでは、誰でも比較的簡単に自分の応援したい好きなプロジェクトなどに、しかも少額から投資することが可能となったのです。

これは、テクノロジーが進歩したことにより、従来の方法とは全く別の形で資金調達というものが民主化し、ユーザーの視点からすると、自分が投資したプロジェクトがうまくいけば保有しているトークンなどが値上がりして利益を得ることで、一個人でもベンチャー投資家みたいなことが出来るのでたくさんの人が熱狂しているのも頷けます。ICOは今後色んな国で規制などを受けつつも新たな資金調達のインフラとして発展していくのではないでしょうか。

 

投資家目線のICOとは

現在はICOブームと言われ、世界中の投資家がこぞって様々なICO案件に多額の資金を投資しています。ではなぜそんなに夢中になってICOに投資するのでしょうか。その原因の一つに凄まじいくらい利益を出せる可能性があるからです。

しかし、それだけリスクもあります。日々無数に行われているICO案件のほとんどが、プロジェクト単位では成功できないと言われています。それでも投資する人たちが世界中でたくさんいるのは、やはりプロジェクトが成功するかどうかよりも、世間で注目されて資金を調達し、無事に仮想通貨取引所に上場し、価格が上昇するかどうかに焦点を当てているからだと思います。

最近では、様々な国でICOに対する規制などが発表されたりと徐々にではありますが法整備が進んでおります。
今後さらにICOに対して法整備やルール作りが進むことで、変なICO案件などが淘汰され仮想通貨業界の発展していくことでしょう。

 

Line@ロゴ
Line@ロゴ

ICO取扱サイト

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう