PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PICK

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

ビットコインラボ

2017年12月30日

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。

目次

 リップル(XRP)が300円に迫る高騰
 時価総額でイーサリアムを抜き2位に
 リップル高騰の要因は?
 リップルを扱う取引所
 来年も飛躍が予想されるリップル、警戒も

リップル(XRP)が300円に迫る高騰

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。リップルは12月に入ってから高騰が続いており、価格は1ヶ月間だけで約10倍になりました。

時価総額でイーサリアムを抜き2位に

時価総額ではイーサリアムを抜き2位に浮上しました。時価総額は1,000億ドル(約11兆円)を超えました。リップルが時価総額2位になるのは2017年5月以来です。全体に占める割合は約17%となっています。5月はリップルのシェアが27%まで高まったので、上昇する余地はまだあると言えるかもしれません。

リップル高騰の要因は?

リップルはさまざまな材料が出ており、何が価格に影響しているか判断することは難しいですが、12月初旬には内外為替一元化コンソーシアムにおいて参加金融機関と韓国大手行との間で、分散台帳技術(DLT)を活用した国際送金の共同実験を開始することが発表されました。大手メディアで大きく報道されるなど、高騰のきっかけとも取れる出来事でした。12月後半にはリップル社のCEOがCNBC出演。XRPの認知度を確実に高めたと言えるでしょう。また、年明けにはアメリカ最大の仮想通貨取引所であるコインベースに上場する噂もあります。先日ビットコインキャッシュが上場した際は高騰したことから、事実であれば期待の持てる内容と言えそうです。

リップルを扱う取引所

リップルはcoincheck、GMOコイン、bitbank.ccなどの国内取引所が扱っています。coincheckとGMOコインは販売所、bitbank.ccは取引所取引で提供しています。各社のリップル取引の特徴については以下の記事を参照ください。

ソース元:ビットコインラボ

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう