PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国政府、本人確認が取れないアカウントを20日に強制停止

BTCN

2018年01月04日

韓国政府は仮想通貨市場の過熱を懸念しており、資金の流入経路を把握するために取引所のKYC強化に乗り出している。取引所を利用するユーザーは、銀行口座と取引アカウントを紐付けるよう求められている。本人確認が済んでいないユーザーアカウントは、20日時点で取引停止となる。

現在仮想通貨市場には多くの資金が流入しており、時価総額は約85兆円にのぼり、一年前の約2兆円の時価総額から40倍に膨れ上がっている。韓国政府は、仮想通貨市場への過度な資金流入を防ぐため早急な対応をした形となった。

仮想通貨には投資の判断基準となるような指標がないため適正価格の見極めが難しく、投機的な動きが多い。また、仮想通貨に使われている新しい技術は、投資家にとって理解が難しい部分が多く、仮想通貨を初期段階から保有し開発を行っている売り手側と投資家の間にそれぞれがもつ情報量に大きな乖離がある。一方、仮想通貨市場は強気相場が続いており、売り手が出す情報を投資家が鵜呑みにしやすい状況が形成されつつある。

韓国政府は健全な市場が形成されないと判断した場合、中国のように取引所の全面閉鎖の可能性があることを示唆している。取引所の閉鎖については昨年12月、韓国司法省が追求していた。現時点では、KYCを強化し市場の動向を探ろうといった段階のようだ。

韓国の規制強化の情報は昨年末、韓国の地元メディアが最初に報道し、その情報が市場に伝わるとビットコインとアルトコインの価格が同時に急落していた。現在市場は落ち着きを取り戻し、全体的に相場が上昇している。今後の韓国政府の規制は市場にどのような影響を与えるのだろうか。

ソース元:BTCN

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう