PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコインラボ

2018年01月19日

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。

目次

 強制ロスカットとは
 強制ロスカット連鎖によるビットコイン暴落
 ビットコインのレバレッジ取引はしっかりした計画と余裕をもって

強制ロスカットとは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。仮想通貨においても、各取引所でロスカット基準が決められており、基準に達すると自分の意志に関係なくポジションが決済されます。

証拠金以上の損失を被ることも

ロスカットは損失を拡大させないよう利用者を守るための制度です。基本的には証拠金を上回る損失が発生することはありません。ただし、相場が急変した場合などは本来のロスカットされるべきところでされない可能性もあります。こうした場合はかなりの損失を抱えてしまう可能性があるため注意が必要です。予防法としては、レバレッジ倍率を抑える、損切り基準を明確にし徹底するなどがあります。

強制ロスカット連鎖によるビットコイン暴落

強制ロスカット連鎖とは強制ロスカットが連鎖的に起きることです。レバレッジ取引はロング(買い)とショート(売り)がありますが、ビットコイン価格が暴落すればロングポジションを持っている方はロスカットされますし、逆に高騰すればショートポジションを持っている方はロスカットされます。

上昇トレンドだった11月末にビットコイン価格が130万円から80万円台に暴落したことがありましたが、強制ロスカット連鎖が暴落に拍車をかけたと考えられています。当然上昇トレンドですから、ロングポジションを持つ方が多かったわけですが、大口の売りにより強制ロスカット連鎖が起こり暴落に繋がった可能性が高いです。

2018年1月16日はビットコイン価格が100万円を割る暴落をしましたが、強制ロスカット連鎖が暴落に拍車をかけた可能性は高いでしょう。

深夜から早朝に注意

ビットコイン価格の急変は深夜から早朝にかけて起きることが多い印象です。日本の深夜から早朝はアメリカの日中になるわけですが、日本人投資家に損切りをつけさせるような動きをすることが多いため、朝起きたら強制ロスカットになっていたなんてことも珍しくありません。

ビットコインのレバレッジ取引はしっかりした計画と余裕をもって

強制ロスカットは利用者を守るための制度ですが、相場の急変などにより証拠金以上の損失を被るリスクもあり、連鎖することで価格暴落に拍車をかけることもあります。ビットコインのレバレッジ取引を行う場合は、しっかりした計画と余裕をもった取引を心掛けてください。

ソース元:ビットコインラボ

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう