PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア、仮想通貨に対する姿勢緩和

BTCN

2018年03月02日

ロシアのサンクトペテルブルグ地方裁判所は昨年の7月、仮想通貨に関連する情報ウェブサイトを閉鎖させる判決を下していたが、今週火曜日に新たに行われた裁判でこの判決を覆した。

判決により閉鎖される予定だったウェブサイトの数は40に上る。原告となったのはモスクワに拠点を置くデジタル権利センターで、ウェブサイトが発信していた仮想通貨の情報には、裏付け資産の有無や管理者の所在地などの詳細な情報が記載されていないと主張していた。

サンクトペテルブルグ地方裁判所は当初、仮想通貨に関する情報が何の制限がないまま発信されることで、ドラッグや武器などの違法な取引が促進されるとの判断からウェブサイトの閉鎖を決定していた。判決は火曜に撤回され、現在、他の司法当局がこの事例を再検証する可能性があると地元紙のRIA Novostiが報じている。

ロシアの首都モスクワの裁判所でも仮想通貨に関連する裁判が行われている。金融企業の財務担当マネージャーのLeonov氏は、破産申請中のlIya Tsarkov氏を訴えている。

Leonov氏の会社から資金提供を受けていたTsarkov氏は、ビットコインを保有していた。Leonov氏は、借金の肩代わりにTsarkov氏が保有しているビットコインを手放すよう訴えている。Tsarkov氏はLenov氏の要求を拒否しており、裁判は現在も続いているようだ。

モスクワのHead ConsultingのNikita Kulikov弁護士は、Leonov氏の要求は認めらないだろうと話している。

「仮想通貨に対する法律はロシアでは存在しない。仮にビットコインでの借金返済を認めれば、ロシアの司法制度が仮想通貨を資産価値のある一種のお金として認めたことになる」

ロシアでは仮想通貨に関する法律の施行に向けて審議中だ。ロシアの国営メディアの報道によると仮想通貨に対する法律は7月に発表される見込みだ。

ソース元:BTCN

タグから関連記事を探す

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう