PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェックがNEMの補償を開始。一部仮想通貨の出金・売却も再開へ

ビットコインラボ

2018年03月12日

コインチェックが不正に送金された仮想通貨NEMの補償を、3月12日中に行うことを発表しました。また、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、XRP(リップル)、イーサリアムクラシックの出金と売却も3月12日中に再開されます。

目次

 コインチェックがNEMの補償を開始
 一部仮想通貨の出金・売却も再開へ
 相場にも影響か

コインチェックがNEMの補償を開始

コインチェックが不正に送金された仮想通貨NEMの補償を、3月12日中に行うことを発表しました。先週の記者会見で来週を目途にと発表されていましたが、月曜日と早い対応になりました。補償の詳細は以下の通りです。

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

補償は日本円で行われ、コインチェック口座の残高に補償金額(日本円)を反映する方法で行われます。

一部仮想通貨の出金・売却も再開へ

また、一部仮想通貨の出金・売却も3月12日から順次再開されます。詳細は以下の通りです。

再開日時:2018年3月12日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)

イーサリアム、イーサリアムクラシック、XRP(リップル)、ビットコインキャッシュ、ビットコインの出金が再開され、同様の通貨の売却も再開されます。購入と入金の再開はまだのようです。

残りは7つの仮想通貨

今回、6種類の仮想通貨の出金と売却が再開されます。実質的に資産が凍結状態にありましたが、これで解消される結果になりました。ただ、コインチェックは13種類の仮想通貨を取り扱っており、残り7種類は出金と売却ができず凍結状態です。LISK、Factom、Monero、Augur、Zcash、DASH、NEMです。NEMは日本円で補償されるため、保有者はいない状況になることから、残り6種類の仮想通貨ということになります。

相場にも影響か

今回出金と売却が再開される仮想通貨は、国内の他の取引所でも取り扱いがあります。コインチェックから資金を引き出したいと思い、出金や売却をする方は多くなるかもしれません。一時的に売り圧力が強まり、相場に影響を与える可能性もありそうです。

ソース元:ビットコインラボ

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう