PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PICK

SBIVC:最小スプレッドを実現し業界No.1を目指す|SBI決算発表説明会まとめ

COINPOST

2018年04月27日

26日決算発表説明会での北尾氏の発言まとめ

SBIバーチャルカレンシーズがスプレッド最小を目指す、早ければ夏に開始、コインチェックの買収話を持ちかけられて断る、SBIのBCHマイニングシェアが現状5.6%など、注目の発言をまとめました。

26日決算発表説明会内容まとめ

SBIホールディングスは26日、決算発表説明会を行いました。

当記事では、決算発表説明会での重要情報・発言をまとめています。

SBIバーチャルカレンシーズのスプレッドについて

また説明会において、北尾氏は以下の様に述べました。

「コインチェック社の事件以降、業務改善命令などが出ている中で、今はしかるべき時ではないと考えている。

夏に結論を出す予定であり、結論を出したら即座に開始する予定だ。

開始したら、SBI証券やネット銀行などの顧客基盤があるので、そこからの流入が見込める為、あっという間にナンバー1になる自信がある。」

また、SBI参加のモーニングスターでリリースしたアプリ「My仮想通貨」で、取引所間の通貨価格差がわかる様に情報提供すると発表しました。

決算説明会の中では、高スプレッドの業務形態について、「高スプレッドで儲けるビジネスはおかしい」として、以下の様に批判を繰り返しました。

「そもそもどこの取引所がいくらスプレッドを付けているのか、こういうことが分からないまま現在使っている取引所を使い続けるから、バカみたいなスプレッドを取られる。

それでコインチェックみたいなとこが大儲けする。

僕から見たらありえないスプレッドをとっている。

こういう業者が出てくることはどうしようもない。

この状況をなんとかするために、こういった(My仮想通貨で提供するような各取引所の価格差)情報を投資家に見てもらわなければならない」

また、SBIバーチャル・カレンシーズに関しては「最少スプレッドを目指す」ことを何度も強調し、以下の様に語りました。

「スプレッド最少を目指す。こうやったら他所は皆儲からなくなっていく。あぶく銭儲けてた取引所がみんなパンクしていく」

なお、SBIバーチャルカレンシーズの開設時期については、2018年夏に結論を出す予定としていましたが、説明会からの質問「早ければ夏に始めるのか」に対し、北尾氏は「そうです」と明言しました。

仮想通貨が証券としてみなされる可能性について

北尾氏は、リップルやイーサリアムが証券として認識される可能性、アメリカではSECが一括で規制していく見通しについて触れ、日本との違いについて語りました。

「日本はリップル、イーサリアムは仮想通貨として認定されている。

日本が法律上そう規定している以上、アメリカが規制するなら日本にガーッとシフトしていきますよ」

ソース元:COINPOST

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう