PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PICK

仮想通貨(28種)を技術面から格付け、中国政府が国際パブリックチェーン評価指標を発表

Coin Choice

2018年05月14日

仮想通貨(28種)を技術面から格付け、中国政府が国際パブリックチェーン評価指標を発表

中国産業情報省直属の中国電子情報産業発展(以下:CCID)は2018年5月11日、北京で開かれた会議の席上で、「Global Public Chain Assessment Index(国際パブリックチェーン評価インデックス)」を発表した。評価インデックスは毎月1回発表され、仮想通貨とブロックチェーン技術開発プロジェクトを格付けするもので、中国政府はその技術的メリットを重視している。

この独自の仮想通貨分析および世界的なパブリックブロックチェーン技術は、このテクノロジーに対する中国政府の確信を示し、政府、企業、研究機関の指針となるものである。

目次 [非表示]

  • 1 ビットコイン(BTC)など28種の仮想通貨を技術面から格付け
  • 2 ブロックチェーン技術の開発で世界リードを目指す

ビットコイン(BTC)など28種の仮想通貨を技術面から格付け

中国はブロックチェーン技術を、イノベーションの活動的分野と見なし、「パブリックブロックチェーンおよびDApp(分散型アプリケーション)」モデルが将来の経済と商業に欠かせない一部であると予見している。

この評価インデックスは、技術的能力、アプリケーションの有用性、プロジェクトの革新性を評価する。インデックスに採用された初の28種の仮想通貨は、Bitcoin、Bitcoin Cash、BitShares、Ethereum、Ethereum Classic、IOTA、Litecoin、Monero、NEM、Ripple、Vergeなど。ランキング情報の詳細は、数日中に発表される。

中国政府は2017年下半期に、不法なICOや取引の規制を開始した。しかし、これはブロックチェーン技術全体を拒絶するものではなく、CCIDによるパブリックチェーンの技術評価は、ブロックチェーンの発展に寄与すると評価された。

中国は現に、ブロックチェーン技術特許申請数で世界一であり、多くの政府機関がサービス向上にこの技術を利用する努力を続けている。CCIDは、中国国内での規制とテクノロジーの開発とともに政府部内の「知識経済」の発展に責任を負っている。

CCIDの発表文は、評価インデックスについて、「それはブロックチェーン技術の開発レベルを科学的に評価する」もので、「これは政府、企業、研究機関、技術開発者に対する専門的なコンサルティングサービス」を提供する一助となる。

ブロックチェーン技術の開発で世界リードを目指す

このインデックス作成を担った研究者は、ブロックチェーン技術開発企業を選択して、インデックスを含めて多くの基準を適用した。

その基準は以下のようなものである。

  1. プロジェクトはそれ自体の独自の主要チェーンを保有する
  2. ノードは自由に作成される
  3. ブロック情報が容易に追跡できる(トランザクション履歴を容易に確認できる)ブロックエクスプローラー(Block Explorer)を保有
  4. オープンソースコードを使用
  5. オープンウェブサイトを使って、プロジェクトチームが互いに接触可能にする

中国政府は5月初旬に、ブロックチェーン技術の国家基準作りを開始したと発表した。4月には、国務院直属の中華人民共和国審計署が、政府の会計監査機能を向上する目的で、ブロックチェーン利用を研究中との報告書を公表している。今回はさらに進めて、ブロックチェーン技術開発の国内進展状況を格付けするとともに、世界標準となることを目指している。

アナリストは今回を含む一連の発表について、中国がブロックチェーンや仮想通貨に示してきた強い規制政策を緩め始めている証拠ではないかと見ている。

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

ソース元:Coin Choice

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう