PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PICK

マネックスがアメリカで仮想通貨参入か、コインチェック活用

ビットコインラボ

2018年07月21日

マネックスグループは完全子会社でオンライン仲介取引や先物取引を手がける米トレードステーショングループ(フロリダ州)を通じ、アメリカでで仮想通貨事業に参入する検討に入ったと日刊工業新聞が報道しました。年内の参入を目指しているようです。

目次

  • マネックスがアメリカで仮想通貨参入か、コインチェック活用
  • アメリカのライセンス

マネックスがアメリカで仮想通貨参入か、コインチェック活用

マネックスグループは完全子会社でオンライン仲介取引や先物取引を手がける米トレードステーショングループ(フロリダ州)を通じ、アメリカでで仮想通貨事業に参入する検討に入ったと日刊工業新聞が報道しました。金融庁の認可を受けて登録業者となり、業容拡大に応じた各種内部管理体制が整い次第、年内の参入を目指して具体化するようです。

コインチェックを活用

マネックスは仮想通貨取引所を新設するのではなく、子会社であるコインチェックのサービスを英語化するなどの方向で進める方針といいます。コインチェックはまだ国内で事業者登録されていませんが、登録後スピーディーにさまざまな展開がみられるかもしれません。

マネックス、米で仮想通貨参入へ コインチェックの事業活用

アメリカのライセンス

日本は資金決済法により金融庁に事業者登録すれば、仮想通貨取引所として営業することができますが、アメリカは基本州単位でライセンスを取得する必要があります。ニューヨーク州のビットライセンスなどが有名です。日本ではbitFlyerが、42州でライセンスを取得し営業をしています。マネックスが何州で展開するかはわかりませんが、コインチェックは初心者にわかりやすいインターフェースなどが評価を集めているので、アメリカの仮想通貨の裾野を広げられるかもしれません。

ソース元:ビットコインラボ

タグから関連記事を探す

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう