PAGE
TOP

ビットコイン 仮想通貨のイベント、セミナーの総合ポータルサイト デジマネ

NEWS
MENU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英議員、仮想通貨ビットコインでの地方税納税を提案

THE COINTELEGRAPH

2018年12月11日

英議員、仮想通貨ビットコインでの地方税納税を提案

英保守党の下院議員は、地方自治体への納税や公益事業会社への支払いにビットコイン(BTC)を使えるようにすべきとする声明を発表。地元ニュースメディア Express.co.uk が10日に伝えた。先月には米国オハイオ州が法人を対象にビットコインによる納税を可能にする構想を発表しており、欧米で仮想通貨による納税の気運が急速に高まっている。

記事によると、ウォールソール北部選挙区の英国議会議員、エディ・ヒューズ氏は、自身を「アマチュア知識を持つ仮想通貨愛好家」と称しつつ、ブロックチェーンが多くの注目を集めていることから、英国議会議員らには「ブロックチェーンを理解する義務がある」と指摘。その上で、最近、仮想通貨での寄付金受け入れを行う王立救命艇協会(RNLI)と面談し、次のような考えに至ったと説明している。

ビットコインで地方税やその他の請求書を支払えない理由がどこにあるというのか

またヒューズ氏は、米国オハイオ州が法人を対象にビットコインでの納税を可能にする構想を発表したことについて、新たな納税手段の1つになると称賛。英国の仮想通貨に対するスタンスについて次のように述べた。

「時代の先を行くか、それとも、時代に取り残されるか。今、英国の立ち位置を注意深く考える必要がある — 英国は進歩的な国として見られなければならないのだ」

ロイター通信によると、英国では最近の仮想通貨市場の暴落以前、英国金融行動監視機構(FCA)が急ピッチで規制を導入する必要性に迫られていた。このため、仮想通貨業界にダメージを与える厳格な規制手法が取られる危険性が高まっていたという。しかし、仮想通貨相場の暴落とともに、そのプレッシャーは緩和。規制当局はよりバランスのとれた法的枠組みの構築にじっくり取り組むことができるようになったという

ソース元:THE COINTELEGRAPH

タグから関連記事を探す

デジマネは、ビットコインをはじめとした仮想通貨・暗号通貨をしっかりと学べるための各種イベントを取り扱ったポータルサイトです。画面を通じて学ぶのみではなく、しっかりと対面で学べるような、全ての人たちに仮想通貨・暗号通貨の面白さを体験していただけるようなサービスを提供してまいります。 また、デジマネは仮想通貨を利用したマルチネットワークビジネスなどのビジネスは一切おこなっておりません。 全ての人たちが安心して学べる環境を提供していきます。

仮想通貨投資を始める前に知識をつけよう